速読京都TOP > ブログ > 【速読術】速読を身に付けたら、どれぐらいの速さで本を読めるようになりますか?

ブログ

【速読術】速読を身に付けたら、どれぐらいの速さで本を読めるようになりますか?

楽読京都四条烏丸スクールのHPへようこそ。

楽読インストラクター歴、関西NO1

インストラクターの前田英志です。

『どれ位で読めるようになりますか?』

楽読あるあるランキングがあったら間違いなく上位の質問です。

速読っていうと「パラパラ~って読んじゃう」イメージをお持ちの方が結構います。

こんな感じ

parapara

 

どうでしょうか?

自分がこんなスピードで読めるようになる気がしますか?

多分、「無理です」っていう方が多いのでは?

楽読を学んだからといって、初めて読む本をこんなに速くよめるようにはなりません。

(ただ、レッスンでは毎回同じ本を使用するので、その本はこんな感じで読みます)

「どれ位で読めるようになるの?」という質問の前に重要な事があります。

それは、自分が今どれ位の速さで読めているのかを認識する事です。

不思議なもので、殆どの方が自分がどれ位のスピードで読めるかを分かっていないのに

何となく、自分のスピードを速い、普通、遅いのどれかに感じています。

あくまで感覚です。

まず最初は客観的な数字で現状把握する事が大事です。

実はこれ、すごく大事で速読に限らず日常の事(特に仕事において)でも言えます。

 

一般的に日本人の平均読書速度は1分間に400~600文字前後と言われています。

これは200ページの文庫本をおよそ3~5時間かけて読む速さです。

日常でこれだけの時間を確保するのはなかなか大変ですよね?

恐らく一気に一冊の本を読み切ってしまう方の方が少なく、何回かに分けて読んでいる方の方が多いと思います。

一週間で1冊読めるかな~とか。

では、もし一週間で1冊読んでる状態でしたら、それが何日で読めたらいいですか?

もしくは、一週間で何冊読めたらいいですか?

って、いうように

『自分がどうしたいのか?』 『どうなりたいのか?』という目安を持つことが大事なんですね。

だって、速くなりたいの基準って人によって違いますし、他の願いでも同様ですよね。

これまでの経験上、8割以上の方が今の2~3倍の速さになったら十分満足すると仰います。

ちなみに僕は200ページ位の本なら約30分位で読みます。

これなら、通勤電車の往復の時間で読めちゃう人も多いのではないでしょうか?

もし、それ位になりたい!と思うなら、まずは体験セミナーにお越し下さいね。

速読(楽読)体験セミナーの申し込み